ユーモラスで可愛らしい動物モチーフで有名な、 アンティーク・ビエンナ・ブロンズの販売を開始します。

ヴィエナ・ブロンズ(Vienna Bronze)は、1800年代半ばにオーストリアのウィーンで生産が始まった多色塗りのブロンズ細工をいいます。アンティークのヴィエナ・ブロンズは、生産の効率性などを度外視していた時代の産物で、妥協のない職人の拘りに驚かされます。また擬人化作品などは、江戸時代の名画・鳥獣人物戯画に相通ずるものがあり、とても親しみ安さを感じます。ワンちゃん、ねこちゃんをはじめ、動物好きの皆様のアート・コレクションの一つに加えてみるのはいかがでしょうか?

ブルドッグ(1900年代初頭)経年変化によりブルドッグの顔が更に愛嬌のある表情に。

猫のボート漕ぎ(1900年代初頭) キャプテンの指示でオールを漕ぐねこちゃん達がとてもユーモラスです。

大猫(1900年代初頭) 想像上の種類だと思われる愛嬌たっぷりの大猫です。

猫の楽団(1940年頃) 楽団シリーズの中でも13体揃っている珍しい作品です。

なお経年変化によるアンティーク独特の風合いは実際にご覧にならないと分かり難いので、店頭のみの販売とさせて頂きます。価格や詳細についてはお電話でお問い合わせください。